文章と色々で

何を書くかはわかりません

団地

何を言っても意味がない。

意味のある言葉を吐くには、意味が生成される場で言葉を使用しなければならない。

インターネットは、大抵意味が生成されない場である。

というか、インターネットは何も考えずに発言できてしまう。電源ボタンを1回押す、別のタブを押す、たった1STEPで意味を生む行為をやめて、切断できる。

現実世界なら、面と向かって話してる時であれば、表情(face to faceを崇めるの頭悪そうなんだけど)や行為が意味を生み続けるわけで、言葉に対して責任がある。

インターネットはそうじゃない。それが良いとか悪いとか、ダメとか言うんじゃなくて。

 

意味ってなんだ

 

 

 

 

箱を入れた箱

運ぶだけの箱

叩く箱

 

止まる

 

 

インターネットがキレイだったことなんて1回もない

君はいつもきれいだよ

頭に浮かぶ言葉を次々に打ち込むことだけが気持ちい、それはまるで舞台に自分だけが立って惨めにかっこ悪く四苦八苦もがいているよう。

海におぼれかけている君はきっととても美しいのだろう。世界の何より君がきれい、なんて言わないけど、きれいだよ。

 

 

美しい瞬間を切り取るな

酔うか酔わないかはっきりしろ

 

さすがに適当すぎない?ちょっと、いや、かなりイライラした。

vスキトキメキトキス

自意識の場から降りること

自意識、が強い。自意識過剰。悪いことではない。人に自意識はあって然るべきだ。

もっと自分に自信が欲しい?他人は案外わたしを見てない。

例えば誰かが髪を切ったらあなたは必ず気づくだろうか?誰かが新しい服を着てたら気づく?靴は?思考は?他人を見ること、ちゃんとやってますか?

 

もっと表面的なところから見ていくべきだ。

それは意外とやってないし、意外とできるはずだ。核心。

 

夏が来て気づかぬ間に秋が来るはず

秋が来たことに気づかず冬が来ちゃう

夏の暑さ、冬に想像する夏の情景、今そこに自分がいる、ということ

そんなことを言いたくてブログを書いてるわけではない?

 

突然ですが本質的に有益な情報を提供します。

それは床に物を置かないようにしましょう、ということ。

床に物を置かないだけで生活の質、QOLが上がった気がする。

あらゆる物を置かないことは無理だけど、服とか教科書とかプリントとか、置いておくべきでない物を置かないようにするだけで、なんか部屋が広くなった・・・ような・・・・

 

何かに依存していることをSNS・対面で人に匂わせる・直接言う人

/いつから今の自分なんだろう、今の自分のような思考形式をとるようになったのだろう

別にどうでもいいことなんですが。

 

相変わらず机の上は無秩序に積み重なって、色々な物体が置かれてむちゃくちゃで、

ここをなんとか、しないと・

 

 

周りの人がそうだからって私がそうする必要はない。

周りの人がみんなTwitterしてたからTwitter始めたの?

私は精神的に健康になりたいよ

 

/心が良いと思えることをしていくだけで、それしかできない

宇宙の中で良いことを決意するとか、それぐらいだ

自分が良いと思ったことをしていくだけじゃないのかって思う

わたしの高校生ぐらいのときの目標が「澄む」ってことだった

高校生のわたしによく言ったと思いつつ、これをまた目指すしかない

思うに、中高生って消費に対する無限の体力を持ってた気がする

異常な量のコンテンツを消費していた。大学に入ってからコンテンツ消費が疲れてできなくなってる。これわたしだけ?

 

/澄む、ということは感性を研ぎ澄ませるとか、そのへんです

夏が来た

夏の暑さに蒸発してみたい。

ひんやりとした空間が好きだけど、暑いのも悪くないと思うときがある。

でもやっぱり苦手。

太陽がじりじりと燃えて皮膚が焼かれている気持ちになるのは嫌いじゃないが、自分の身体が汗をどんどん出さなきゃなんないほど熱を持ってしまうのは嫌い。

夏が来ると冬が待ち遠しくなるし、自分がどうやって春を生きていたのか忘れてしまうし、つい数か月前に着てた上着をとても着る気になれなくなる。

色々なことを忘れて生きていくのは当たり前だけど、昨日の温度すら忘れて毎日の暑さにやられてしまう自分が少し情けない。

春と夏の境目で止まっていたかったなあ。

 

暑い詩

適合していく感じだ

社会性を失っていくことが、アウトサイダーっぽくてサブカルっぽくて格好いいとか、そういう感性を持っている自分がいるんだけど、いい加減に強引に社会と自分を適合させていこうという気持ちがある。

今日言いたいのはこの言葉だけで、あとは適当です。

 

別に適合っていっても思考停止を受け入れて洗脳されていこうとか、そういうんじゃなくて、(つまり諦めてつまらなくなろうとか、そういうんじゃなくて)適応しといた方が絶対自分にも良いし、事実私は適合出来てる人の方が好きっていう自分の中の気持ちもあるから、それにあわせて自分をそういう方向に持って行くのは別にいいでしょと思っています。

だから、社会の流れにシニカルな目線でくだらねえって思う態度を持ちながらも、それに沿って行動することも出来る、とそういう人にならないといけない。くだらないことは嫌っていい理由ではない。

 

まず午後の時間に眠って24時付近に起きてそこからずっとダラダラしている現状、を何とか変えていかないとなあ。変えられ無さそうだ。

 

家に帰るまで、とか、上着を脱ぐまで、は、凄くやる気に満ち溢れていて、(これは本当の話なんですけど)家に帰ったら夜ご飯を作って洗いものやって筋トレしたらシャワーも浴びて、終わったらストレッチやって今日はちゃんと布団敷いて寝よう、とか考えながら帰るわけですよ。本気で。

帰って上着を脱ぐと、何となく座ってパソコンつけてる自分がいるし、何となくゲームやってる自分がいるし、何となくYouTubeとかTwitter見てる自分がいるし、もう何回TweetDeckの通知タブを見たか分からない。何か誰かから急に私に何か起こらないかなって期待しちゃってる。の割にメールを読むのはしんどい。LINEも返さない。(はあ)

 

でもこういう生活を正す(って言うとちょっと良くないけど、少なくとも一般的な人レベルに持って行く(そこにまず到達させる))ためには、細かい出来ること、を1個1個ガンガン回していく必要がある。やる気を満ち溢れさせてえいやーってやるんじゃなくて、やっていっている内に勝手に自分から放出されてるみたいなやる気。身体の内にため込むんじゃなくて、適度に思考停止モードに入れていく感じだ。頑張るぞー。(頑張るぞーって言ってる時点で違う)(ボケ)

 

コーヒー飲み比べ会を今度自宅で開催するのが当面の生活の目標で、どういう感じでやろうかなとか色々考えています(さすがに4杯のコーヒーを一気に飲むと気持ち悪くなりそうだけど、どうしようとか)。

幸せになる準備はいいですか?

姫乃たまのワンマンライブ「アイドルになりたい」@渋谷WWWに行った

 

前物販は16時から。スペイン坂、カフェ人間関係を横目に会場へ。10分前ぐらいに着いちゃったのでそのまま左折して周辺散策ったりしてた。宇田川カフェの場所を覚えたので今度行くぞ。

www.udagawacafe.com

 

 

前物販で『First Order』『僕とジョルジュ2』『僕とジョルジュ2.5』『号外 地下しか泳げない通信』を購入~。地方民は普段なかなか買えないからね。これを楽しみにしてました。ランダム来来と券も購入~。

 

 

・・・うーん

唐突になんか何書いてんのか分からなくなったぞ。

 

 

 

ごめんなさい。方向転換します。

なんか急にライブレポートって書くの難しいな~って思い始めたので単なる感想を書いていこうと思います。

 

 

・入場の時に貰った手紙の文面でもう幸せな気持ちになりました。(帰ってから他の人のツイート見て気づいたけど香り・・・!)

・前から姫乃たまのステージは猫っぽいと思っていたんですけど、腕と手の動きが特に猫みたいだと思いました。

・とろんって効果音が出そうな雰囲気の出し方がいいなあって思った。

・衣装が何回か変わったけど、どれも、同じ方向性ではないんだけど、良かった。最後の真っ赤な衣装で撮れたチェキは大切にします。

・(最初出てきたときのヘアスタイルの感じが好き。)

 

 

うーん・・・この書き方もなんか違うなあ。

もういつもみたいに本当に思いつくままに書きますね。ごめんなさい。私があとで見返してこんなこともあったなあって思い出すために書くので、皆さん、、、その、、、、アレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブ聴いてる時って手拍子とか、どんな表情して聴いてたらいいんだろうみたいなことばっか考えちゃうんですよね私。控え目で微妙な感じになってしまったり。あと、後ろのお客さんが私のこと邪魔に思ってるんじゃないかってずっと考えてつらくなっちゃうな。自意識過剰~。

でも、今日のライブで気づいたことがあって、私はどうしてもかなしい気持ちになっちゃうもんなんだと思う。別にライブでかなしい出来事があったとか、そういうの関係なくて、ふいにかなしくなった。それだけのことなんだけど、ああ私って自分勝手に考えてかなしくなっちゃうのか、かなしくなりたいのかって分かった。悲劇のヒロイン気取りやがってみたいな悪口あるけど、私はそれ言われるタイプだと思う。何回も言うけど、それでいいって思った。それでいいって思えたことが今日ライブ行って分かったことでもある。なんかかなしいけど、かなしくていいやって。もう何回も同じことしか言ってないな。よく分かんなくなってきた。でも、そう、私はすぐにかなしくなる、それだけだ。勝手に1人でいろいろ悲しく/哀しくなって変な顔しちゃう。でも、かなしいって思っても、愛しいに近いかなしいの時だってあるし、というか、たいていそうだし、別にこれでいいやって思いました。これが私なんだって。かなしくなるのが私、だから、別にいいや。かなしくなりながら生きていこうって思いました。姫乃たまは自分のこと俯瞰症って言ってたことあるけど、それ思い出した。悲観症だ私は。あっはっは。

ameblo.jp

 

最近、すべてのことに対して何も思わない、やや面白い。みたいなことをネットに書いたら、熱心なファンの方から、不感症をもじって「俯瞰症」というコメントが付いて、最高だなーって思いました。俯瞰症です。わはは。本当に最高。 

 

ライブのこと関係なくなっちゃった。まあいっか。私はすぐ悲しくなる。哀しいと思う。かなしい気持ちになっちゃっても別にいいやって今度から思うようにしよ。今日はライブ中になんかかなしくなっちゃったけど私が勝手にそうなっちゃっただけで、誰かや何かにお前が悪いって言うわけじゃなくて、ていうか、良いとか悪いとかそういう問題ではなくて、単に私はかなしくなりやすい、かなしくなりたい人なんだってだけです。私がかなしくなってたら何にかなしくなってるのか気になったら聞いてください。なんやねんとか、よくわかんねえってなったら放っといてください。自分でよくなるんで。世界にはもはや意味なんてなくて、ただ記号やら何かが蔓延してゲームしてるだけなんだ。ニヒリスト気取っていいですか。ははは。

 

ワンマンライブの感想に戻ろう。と言っても曲中は姫乃たまの動きや、それに呼応するファンの様子、それがやっぱり愛しいとしか言えない。互いの愛が見えるような、そういうライブだった。美しかった。甘美だった。

アンコールではじめワインとステーキが急に出てきて、姫乃たまへのファンからのサプライズの瞬間は自然と笑っていたし、いい瞬間だなあって思った。なんていうか、上手く言えないけど、いい、瞬間でした。

その後の歌は過ぎ去っていく楽しい時間を最後までエンジョイしようっていう開き直りがあったと思うんだけど、私はもうずっとこのテンションがこれからも続いていくような、永遠にライブの終わりなんて来ないんじゃないかっていうような、そういうある種のユートピア感を覚えた。2曲目でスクリーンに演者と曲目、スタッフロールが流れ始めたときにああやっぱり終わるんだって思った。閉まることがわかっているオルゴールのような、そんな気持ちになって(どんな気持ちだ)涙が出てきた。音、照明、ステージ、客席、ぜんぶがキレイで、泣いた。

 

行ってよかったな。私のことも分かったし、姫乃たまのことこれからも応援していこうって思った。行ってよかったな。CDたくさん聴こ。

 

 

追記(2017年2月12日)

当日買った『僕とジョルジュ2』というCDに「悲しくていいね」という曲があった。ライブでも披露していたな。かなしんじゃうのが私だなって思ったこのタイミングで出会う曲としてかなり運命的。歌詞の「こんなに悲しい気持ちも いつか忘れてしまうのね」や、「運命じゃなかったし 会うことももうないんだろうけど」「いつか忘れてしまうことが悲しい」、まさにそうなんだよな。瞬間の出来事なんてきっといつか忘れてしまうし、これは忘れまいって思って丁寧に脳内メモリに保存したはずの気持ちも、なぜか再生ボタンを押すと記憶が劣化してて、あの時ほどの切迫した気持ちになれない。出来事なんて、忘れてしまったら無かったことになってしまう。悲しいね。でも、悲しいのがいいね。

最近、くるりをたくさん聴いている。

ブログを書く。まとまった文章を書くのが苦手だ。タイトルと内容の連関はぜろ。

 

と言っても何の用事で書くかは決めていない。理由なく書くから思ったことを書く以上の何かはこの文章にはない。また思いついたことを思いついたままに書き連ねたブログが出来るんだろうな。誰に向けた文章なのかも分からない文章だから、まあ、そんなスタンスだって分かって欲しい。

 

人と話している時の私というものについて考える。なんか、どうしても規範的意識が強いっていうか、ここでこう言うべきみたいなものが身体化されている感じがする。で、逆にそうならない人、つまり仲の良い人に対しては思ったままに振る舞ってしまうので、それはそれで良くない。失礼な発言とか、そういうことしがち。反省はしてる、はず。でも、たくさんある反省すべきことに気付けていないかも。だから、なんか私の発話に関する評価とか聞きたい、とか、思っちゃう。

あと、真面目な話をしている時ほど、それについて考えたくなくなっちゃうのも良くないな。そのくせ、私は急に真面目な話をしたくなっちゃうんだから、自分勝手だ。だから、私と喋りのテンション、間、リズムが近い人は喋ってて安心できる。そういうのは咄嗟の反応とか、細かい仕草に出るので分かる方だと思う。あ、私の問題なので、はい。

 

人というものについて。嫉妬というものについて。何か考えたわけじゃないけど、なんか見ちゃうよね。覗いちゃうよね。あーこれ一番やめたいかも。覗きたくなる欲求を無くす方法を教えてください。

 

最近はコーヒーをやたら飲んでいる。でも去年買ったコーヒーメーカーを春ぐらいにうっかり割っちゃったから今は毎回自分でペーパードリップで淹れている。けど、今日ちょっとそれを面倒に感じちゃったから、割れた部品を買ってコーヒーメーカー使うようにしよう。玉田珈琲専門店は自宅で淹れるようの豆の販売もしてくれているっぽいので、挽いてくれるなら買ってみようかな。あそこのコーヒーは美味しい。

 

美味しいお酒を飲んで気持ちよく酔うことの心地よさったらないよまったく。

美味しいお酒っていうのは飲みたいお酒ですよね。私なんかたまにほろ酔いで満足しちゃいます。あんなのジュースだよってみんな言うけど、だからなにって感じだよ。各々の好みなんだから。ああ、君はそれがいいんだね。うんうん。みたいな感じでやっていこうよ。

 

頑張って生きている。それなりに頑張っている。それなりに。

 

部屋が寒いけど暖房をつけると今座っている位置に暖房が直撃してなんか嫌な感じ。だから暖房をつけていないけど、そうすると寒い。寒いからいつまでも炬燵で寝ちゃう。暖かい炬燵は最高の最高。ていうか、部屋をあれしたい。色々な整理をしたい。

 

寝るわけじゃないけど、おやすみ。たくさん本を読む方法とか、色々な生活の術を教え合う感じのやつやってみたい。おやすい。

一人称が変わるブログ

見たいものや読みたいものについて

 

いわゆる教養って言われる系の作品やらって見て/読んでおくことが望ましいやつだけど、「望ましいからする」って態度で始めるとそれって消費でしかないんですよね.

オタクカルチャーとか、このアニメ見とけってやつをちゃんと見れるかどうかって凄く重要で、僕はそういう消費だけの行為が出来ないときがある.

何か手元にいつでも見れるようにしておくけどいつまでも見ないみたいな状態が多い.

 

その気が起きたときにすればいいって思っちゃってて.

何が言いたいかというと、消費のためだけを動機にするんじゃなくてちょっとでもそれがしたいって気持ちが生まれたときにしてやろうって思っています.

そういう態度の表明.

 

あと、別に教養なくてもいいじゃんって思う.

あった方が会話が面白くなるのは間違いないけど、知らなくても会話って出来るし.

失敗したくないという気持ちに囚われがちだけど、別に失敗しても世界は続くし.そういうルートに分岐するだけで別にゲームオーバーにはならない.

恥ずかしいとか死にたいとか思うけど、そう思うことこそが人間って気にもなるんだよな.いっさいそういう感情を持たない方向で動いてきた人ってそれはそれでいいとも思うけど、私は別にそういう感情持っても仕方ないやって思ってるよ.

 

“未来には期待したいし”