文章と色々で

何を書くかはわかりません

ならないと思います。

数日前?にネットで色んな人が自分の意見を言ってた記事。

note.mu

 

“これらの事を踏まえ、男性のモテの定義を「女性を性的に魅了できるか?」としたうえで、「男性のモテる人格」についての見解を述べれば「女性は暴力に性的な魅力を感じ、暴力的な人格を有する男性がモテる」ということになるだろう。”←ならないと思います。

 

一読して思ったのは次の6点。


※本来、こういったことは元の論文を読んでからすべきです。自分は英語を読むのがとても遅いし体力を使うためそこまで出来ないと思ったので当該記事を書いてる人の解釈だけしか読んでいない。すみません。僕が挙げてる疑問は元の論文読めば書いてあるかもしれない。僕ならこういった点が実際どうなのか考えながらソース読むと思います。

 

英語圏の恋愛研究の結果が日本でも当てはまる?
②いじめが直接性的魅力を感じさせるとは?
③ギャングの研究は「セックスパートナー数」の「報告」なので女性が暴力に性的な魅力を感じたかは不明では?
④テイルズオブレイプの「レビュー数」の割合で男女差があることは「嗜好の劇的な性差」を示すことになるのだろうか?
⑤レイプする/されるを男/女であると無自覚に前提していないだろうか?
⑥レイプする/される=男/女だとしてもテイルズオブレイプの鑑賞体験はどちらに自分を見出すかによって異なる。される側のほうがよりレビューを書きたくなってしまう体験である可能性は?

 

とりあえず即座に思ったのはこういったことだけど、言及しないのもアレなのでほかの研究にも言及はしておく。でもこれはかなり重箱の隅的感想だなと自分でも思う。
⑦実験のデザインによって「レイプファンタジーを持っていると報告」することもあると思う。「改めて言われてみればあるかも……」みたいな。
⑧動画を見てるからと言って実際にそれをされることを望んでるとも限らないと思う。

 

あと「できるか?」って定義はどういうことなんだろう?

 


はい。繰り返しますがこういった疑問をぶつけるのは元の論文を読んでからすべきです。読まずにやっている時点で私が思う「暴力」や「モテ」でやってしまっている。各々の論文で書かれている概念を投稿者が「暴力」や「モテ」という言葉に集約したのなら、それがどういった概念なのかをまず明らかにしないと、同じ話題について喋っているはずが各々が違う話をしていたという事態になる。

 

ただ、これは僕の思ったことですが、創作の受容と実際の体験は行為として別種のものだと思います。「女性がレイプされる」というAVを見る男性が女性に感情移入することは全然ありえることだと僕は思ってしまいます。逆もまたしかり。

 

さてここで突然ですがしばらくの間、上で書いた疑問を全て忘れます。そのうえで“「女性は暴力に性的な魅力を感じ、暴力的な人格を有する男性がモテる」ということ”が仮に「事実としてそうなっている」とします。





忘れました。OK、理解した。そのうえでもう一度「女性は暴力に性的な魅力を感じ、暴力的な人格を有する男性がモテる」という文章を見たときに僕が思ったのは「暴力に性的な魅力を感じ」るとはどういうことだろう?ということです。

 

たしかに「暴力的な人格を有する」ように見える「男性」が異性との恋愛もバリバリだなあと感じたことが過去僕にもあります。だから文章の後半部分は「そうかもしれないなあ」です。

 

ただ「暴力に性的な魅力を感じ」るという事態がわからない。男性がえいやそいやって殴り合いをしていると女性の心の男根が勃起するのでしょうか。男に殴られることそれ自体が女は気持ちいい?そうなの??なぜ????why?????
ワイジャパ(why japanese people)みたいに言うならワイウマ(why woman)状態。
ワイジャパという略称はこれで教わりました。

note.mu


「暴力に性的な魅力を感じ」るってどういうこと?暴力即トキメキ?なにそれ?それってどういうこと??

じゃあモテたいと思った人がこの記事を読んで、よし明日から「暴力」をしよう!ってなっても、なんかダメな気がする。例えばさ、僕が明日から自分のぬいぐるみを毎日たくさん叩き続けてもぬいぐるみがただ僕を見つめてくるだけでしょう。ちゃんネネ。相手に対して「暴力」を振るえば?でも明日から女性の友人にいきなり「ばか!」ってLINEを毎日送ってもダメでしょう。会うたびにビンタするようにしてもダメでしょう。同じ「暴力」なのに……

 

どんな「暴力」なのかわからない。「暴力」がどのような場面を作り「性的な魅力」に至るのでしょうか。こういったことを考えてるうちに1つ思い浮かびました。

 

 

僕は人が自分の心と身体を守るために暴力を使っていると感じることがあります。自分自身日常生活でストレスを溜めこんで心が荒んでいるときほど、イライラしがち(=周囲に攻撃的な感情を抱きがち)です。自分の心に余裕がないと、幼い子どもみたいに不快な感情に振り回されてしまう。

 

だからなのかわからないけど、暴力にはある種のいじらしさがある。その人の幼さが見えるときがある。どうにもならないがゆえの暴力に感情が揺さぶられることがある。

 

また暴力を振るう人が見せる独特の寂しさがある。暴力の裏には、その人の心の穴がある。心の穴を見せないために振るう暴力が、逆に心の穴の存在を際立たせる。

 

他人の心の穴が垣間見えたとき、それがその人の「本質」であるかのように錯覚してしまうことがある。コンプレックスの開陳は親密な関係を築くのに繋がることがある。

 

人の「本質」が見えると、その人のことを本当の意味で「理解した」気になってしまう。そして、その人のことを「愛おしい」と感じてしまうことがある。

 

 

これが「暴力に性的な魅力を感じ」ることなのかわからない――なんか違う気もする――けど、こう整理すると暴力的な人のことを好きになっちゃうということがわかるような気がしてくる。暴力の裏にその人の「本質」を見つけ、それを「理解した」気分を「愛おしく」感じる、この感覚を「好き」と呼ぶなら(同意するかは別として)「ふむ」と思う*1

 

もちろん、実際に暴力を受けた人からしたらこれは考えられない感覚であるかもしれない。「暴力」的な人のことが好きな人からしたら、別の感情のあり方に「好き」と名づけているのかもしれない。それはこの種の「好き」と違う「好き」であるということ、それだけです。

 

「暴力」的な人のことが魅力的に見える理由、ほかにもまだまだあるだろうなあ。

*1:思うと同時にでもこの種の「好き」から我慢大会始まりがちだよなあとも思った。

鬱かな?と思ったら

もうはっきりと覚えてもいないのでそれ以前から少しずつそうだったのだろうと思うのだけど、記憶にある限りでは今年に入ってから鬱っぽい症状が顕著に出るようになった。具体的には


家にいる時間で何もできない
ご飯を作る気力が出ない
ご飯食べても味を覚えてない・満足感がない
人からの連絡を返せない
趣味に触れる気が起きない
長い文章or論理的な文章が読めない
ずっと寝てる
起きてる時間はスマホ見るしかできない
シャワー浴びる気になれない
夜眠れない
朝起きれない
便秘っぽい

 

1月2月頃は本当に酷くて体に蕁麻疹出てきたりして、メンタル的な不調がフィジカル的な症状として出てくることがこれまであまりなかったので本当にヤバいと思った。

 

ただ自分は昔から学校に行けなくなるほど酷くなる前にストップがかかるタイプで、今回も大学やバイトに行けなくなるといったことはなかった。症状も他人と比べたら軽いほうだったのかもしれない。実際、今までのところ医者に看てもらっていない。ずっと低空飛行でやっていってる感じ。

 

ただストレスフルだったのは事実だ。Web上で出来るストレス度の診断のようなものを春にやったが、1~4が「普通」5~9「そこそこ」10~「ヤバい」というので21点という数字が出てきたときは驚いた。もう細かく覚えてはないが、心からやりたいわけではないがやりたいと思えるような類のタスクを何個も抱え込み、自己満足しか慰めがなかった生活は苦しかった。

 

3月に入り就活が始まった。当然良くない状況だった。@holysen にサークルのことを任せたり、参加している団体でのやるべきことも放置したりするようになった。研究と就活だけやろうと意識していたと思う。親密な会話をする時間はほぼなく、心は荒んでいたはずだがなるべくその荒野に立ち入らないように目の前の就活と研究をやっていた。そのせいかわからないけど、人と仲良くなる方法(これまで自分がどうやってきたか)が少しわからなくなってしまった。

 

ただ就活と研究は進んでいた。最初は何もわからず丸腰で挑み当然のように落とされていた就活だが、ちゃんと真面目に対策するようになった5月以降は少しずつ前に進んでいった。研究のほうは自分が学びたかったことが学べること、自分の中で使える知識が増えていくことが楽しかった。

 

そういったパブリックな面の達成感はやはり鬱っぽい症状に効いただろうと思う。やや悪い、がかなり悪いになってしまうのを防いでいたと思う。と同時に、細かい部分でメンタルに効いた取り組みもあった。


①野菜を食べるようにした。コンビニでサラダを買うようにした。ビタミンやミネラルといった「体に良さそうな栄養」をとりあえず摂取する。目に見えて良くなったわけではないけど、見えないところで働いてくれてるといいなという気休め程度の期待で。ただ、太ってることがコンプレックスな自分にとっては、こういう食生活で体重が減ることは嬉しいのでその効果もあった。

②用事を休んで何もしない日を作る。これはなかなか大きかった。難しいかもしれないが勇気をもって休むこと。数十年という規模で考えたら1日ぐらい無為にしてもいいでしょって自分は思っちゃう。

③体を使う動き。つまり運動のことだけど、肉体的な疲労感はなぜかメンタルによかった。散歩とかでも十分えらい。

④詩やエッセイ、音楽を摂取する。ダメなときには出来ないことなので出来なくても仕方ないが、それでもやはり自分の心を慰めてくれる文章や音楽があってよかった。

⑤交代浴。最近あらゆる人に勧めている。サウナと水風呂を交互に入るのを繰り返すやつ。水風呂後に少し休みを挟むのをヤバくなる前にするのが大事。高みに行くことが目的なのではなく、あくまで自分を癒すのが目的。自分は数年前から気が向いたときに銭湯に行っていたが今回の鬱的症状に対して劇的に効いたのはこの交代浴だった。一番効いたのは東京の高円寺にある小杉湯。小杉湯はサウナがないが熱いお湯と水風呂の交代浴が本当に気持ちいい。誰もが一度は経験しておいていいと思っているので、今も会う人会う人に勧めている。東京に行ったときはほぼ毎回行くようになった。

とりあえず小杉湯については以下のブログ記事がちゃんと紹介しているのでお勧めです。

travel.spot-app.jp

 

小杉湯の紹介は僕が書くより上の記事らを読むほうが効率がいいので、僕は小杉湯が一番効いたときの日のことを書いておこう。かなり志望度の高い会社の最終面接の一段階前の面接の日だった。面接官は説明会でも喋っていた人で、そのときからこの人は学生にフェアな態度で接してくれるタイプの人だと思っていたので、最後に自分の受け答えはどうだったのかを正直に聞いた。その人は僕が考えながら喋っているように見えたこと、そのせいで話の構成がぐちゃぐちゃしていてわかりにくくなってしまってること、だからこれから先の別の面接では結論から話し始めるのを意識したほうがいいということを言ってくれた。その通りだなと納得してしまった。面接が終わってエレベーターに乗ってるときに、つまりこの会社は落ちたのでは……と思い始めた。今回の面接は途中で自分の想定より細かいところで質問をされて「どちらとも言えない」みたいな微妙な受け答えをしてしまった部分があった。最後に聞いたアドバイスがそのことを指して言ってたとしたら面接官もそこが印象に残ってしまったのだろう。完全に落ち込んでしまったが、今日はこれから小杉湯に行く予定をもともと立てていたので、気持ちを切り替えるためにも高円寺へ向かった。
小杉湯は高円寺駅から歩いて行ける。とりあえず交代浴しよう、今はこれだけをしてればいい、と自分に言い聞かせてひたすら体を洗い、湯船に浸かる。水風呂は入ってしまえば温まった体が優しく包まれて、皮膚と水の境界が溶けていく。2,3回目ぐらいから水風呂に入ると頭の重石が剥がされるような感覚がしてくる。出ると腕や脚がじーんと痺れてきて、体が軽く感じられるようになる。最初気づけなかった香り湯の匂いが途中から感じられるようになり、自分の感覚が研ぎ澄まされているのがわかる。
その日もそういった気持ちよさに包まれながら、面接で上手く答えられなかった質問について考えていた。そうしたらある瞬間にこれだ!と思える綺麗な回答が浮かんできた。思考回路がパチッとはまった感覚。高校生ぐらいまでの自分が持っていたようなエネルギーを感じ、自分は大学生になってからずっと概ね不調だったことに気づいた。やる気に満ち溢れた自分は、思い浮かんだ考えを伝えたいと思った。このまま終われない、ダメ元で電話して言ってみよう、と決意してそれからどう言うかを考えて交代浴を繰り返した。普段ならこの後着替えたりしてる間に冷静になってやっぱりやめようってなるのだけど、今回はそうならなかった。そうならないほど、自分の心は前向きだった。それで小杉湯を出て電話しようと携帯を見たら、結果が届いていた。えーっ!!って思ったけど、落ちていても電話しようと思い直して見てみたら「最終面接の案内」だった。やったーーー!!!小杉湯最高!!!最終では今練り上げた考えをちゃんと伝えるぞって思いながら帰りました。

 

 

 

余談ですが、こういう調子が悪いときに推しに会うことはある意味賭けだなあと思った。推しから元気を貰える側面はたしかにある。僕も調子が悪いときに救いを求める気持ちで推しの現場に癒されに行った。でも、中には推しの現場に行っても以前のように楽しめない自分がいました。心に余裕がないから上手く喋れず申し訳ない気持ちになってしまう。推しに限らず、自分にとって身近な人ほど甘える気持ちでぞんざいな態度(例えば連絡を返せなかったり)をしてしまい、相手に申し訳ない気持ちが募ってますます自分を追い詰めてしまう。自分を大切に思ってくれる人がいることが自分を慰める、と同時にそういった人に対してこそちゃんと接することが出来なくなっている自分が申し訳なくなり、自己肯定感の負のスパイラルを進めてしまう。これはとても難しい問題。

ブログもうすぐ作り直すかも

 

人を傷つけないように生きてきたが、それはできていなかった。

結果的にかなり他人に対して有害な人となってしまった。

 

思うにやはり幼少期の経験が今の私を作り上げてしまったのだ。

幼い私は家族の中で必死に居場所を見つけようとしていたのかもしれない。

 

幼い私は姉にいじめられ、クラスでも軽いいじめ、被害妄想にとらわれ、自分のやりたいことなどわからず、日々言われたことに従事していた。

親からは、少し無視されながら育った。寂しくてよく外出して道を歩いているときに、物陰に隠れて自分がいなくなったことに気づくか試していた。

本当に迷子になったときは死ぬほどつらかったから、絶対に迷子にならないようにスーパーの棚とか、親の行動とか、色々よく見るようになったと思う。

親から怒られたときによく拗ねて別の部屋に逃げ込んだ、ら、母親が心配して様子を見に来たことがあった。そのときの優しさが嬉しかった。だから何回も別室に行った。たまに家を飛び出して玄関先に裸足で棒立ちしていた。でも、少ししたら棒立ちに飽きちゃうし、自分が悪かった気がしてくるし、お腹は減るし、親は来てくれないし、だから、リビングに戻ることにした。そしたら家族はリビングでせんべいを食べながら笑点を見ていた。家族は私抜きでも普通に成立していた。後で、母親に幼いころの私のことを聞いたら「手のかからない子だった」と言われた。つまりいい子で育ってくれたということだから、嬉しいのだけど、今思うと少し寂しかったよ。

 

母親は、家のものが壊れていたり、汚れていたりしていたとき、よく私達3姉弟を一列に並べて犯人捜しをした。誰がやったのか、名乗り出るまで夕食を作ってくれない。何より、母親が怒っている姿が怖い。それなのに誰も名乗り出ない。仕方ないから「本当は私がやりました」って嘘をつく。そうしないと私がご飯を食べられないし、怖い時間が早く終わってほしかった。嘘をついた後に「なんでそんなことしたの!」とか「こういうことしちゃいけないでしょ!」みたいに叱られたと思うのだけど、その部分の記憶はほとんどない。あとになってあれは実は姉がやったことだったということが何回かあった。

 

小さい頃、私のニンテンドーのゲーム機が壊れたことがあった。画面が割れてしまった。泣いた。自分で割ったわけじゃなく、家の中で置いておいたはずのものが、割れていたのだ。誰がやったかわからなかった。その日はものすごく泣いたし、かなりの一大事だった。数日たってから、机に手紙が置かれていた。姉から「私が割っちゃったんだ。ごめんね。」って。いや、許せないよ。でも、こんなのされたら許さなきゃいけないじゃん。もう何日か経って落ち着いてきちゃってるのだし。親には内緒にしといて欲しいって書いてあった気がする。もう何から何までずるい。

 

姉に対しては、仲良く遊ぶか、向こうの怒りをぶつけられて私が泣くか、だった気がする。喧嘩はいつも負けていた。向こうのほうが勢いがあった。

弟に対しては、仲良く遊ぶか、こちらが怒って泣かせてしまうかだった。泣かせたあとは私がいつも怒られた。小学1年生のときに授業で詩を書くことになったが、たしかそのときに書くことがどうしても思いつかなくて「弟はクソだ。いっそ死ねばいい」という内容を書いた詩を提出した記憶がある。担任はどういう思いでこれを読んだのだろう。

一番上の姉は、親にとって初めての〇〇が多く、大切に扱われていた。一番下の弟は、一番下らしく家族全員から可愛がられた。私は真ん中で育ったから、親から直接愛された記憶が少ない。束縛されてつらいみたいなのはないが、私が感じる愛はいつも自由にさせてくれる愛だった(と思う)。父親に何か不満を言うと「じゃあ後で良いことがあるよ。」と言われたが、それはその場を流すだけの言葉だった。たとえ幸運で何かを手に入れたとしても、それはほしかった愛ではなかった。

 

 

みたいなこと言ってますけど、全然愛されなかったわけじゃないですよ私。

私の中学時代は珍しく勉強できる人たちとリア充グループが適度に重なる感じがあって、その中で私は男女のグループで楽しくやっていました。部活も3年間めいっぱいできたし、恋愛だってできました。好きな人とメールでやり取りして、一緒に学級委員やろうよと言って、一緒にやったりしちゃったし。教師ともいい関係でしたし、傍から見たら恵まれてますよ私は。だから別にいいんです。こっちで良いことあったから。家族は自由にやらせてくれた、それだけでもう十分なんです。

少し、いや、半分の不思議。

殺した春は戻ってこない。散った桜は戻ってこない。

毎年同じように咲いてるけど、あれ、違うらしいよ。

冬の間、あれだけ待ち望んだ春が来てるはずなのに、なんで吐き気がするんだろう。

また殺さなきゃ。ごめんねみんな。僕は冷たい人間だ。

 

鐘が鳴る。お祝いの鐘が鳴る。永遠に生まれ変わろう。

僕は悲しいふりをしている。

頭痛薬とコーヒーと、ガムとチョコレート

ダメになってもいいんだよって自分に言ってあげてる

でもダメになった私にけりをつけるのも自分だしダメになってもしょうがない

何もない、みたいな気持ちになる。

どういうときにそうなるのかわからないけど、寂しいだけ?

意味がなくていいけど、それをどうするんだろう

 

どうやっていればいいかわからない

わからないことしかない気がするわかってることは見えなくなっている

もっと私に

 

自分の気持ちに見て見ぬふりして生きていけてしまうインターネット

インターネット・インターネット・インターネット

自我がないアカウント

未だ何も見えてこない自分

自分に囚われている、ようで何も考えていない

考えているようで、ないものはない

自分が何を考えているか恥ずかしがらずに言える?

自分が塞ぎ込んでいる気持ちを私は本当にそれをいつでも解放できるのか

 

殴るのは駄目って殴れない人が言ってる

 

全てを諦めても生きていかなきゃいけない

生きていれば美味しいものが食べれるよ

粛々と、淡々と、感情を殺す

 

殺した感情は元に戻ってこないよ

団地

何を言っても意味がない。

意味のある言葉を吐くには、意味が生成される場で言葉を使用しなければならない。

インターネットは、大抵意味が生成されない場である。

というか、インターネットは何も考えずに発言できてしまう。電源ボタンを1回押す、別のタブを押す、たった1STEPで意味を生む行為をやめて、切断できる。

現実世界なら、面と向かって話してる時であれば、表情(face to faceを崇めるの頭悪そうなんだけど)や行為が意味を生み続けるわけで、言葉に対して責任がある。

インターネットはそうじゃない。それが良いとか悪いとか、ダメとか言うんじゃなくて。

 

意味ってなんだ

 

 

 

 

箱を入れた箱

運ぶだけの箱

叩く箱

 

止まる

 

 

インターネットがキレイだったことなんて1回もない

君はいつもきれいだよ

頭に浮かぶ言葉を次々に打ち込むことだけが気持ちい、それはまるで舞台に自分だけが立って惨めにかっこ悪く四苦八苦もがいているよう。

海におぼれかけている君はきっととても美しいのだろう。世界の何より君がきれい、なんて言わないけど、きれいだよ。

 

 

美しい瞬間を切り取るな

酔うか酔わないかはっきりしろ

 

さすがに適当すぎない?ちょっと、いや、かなりイライラした。

vスキトキメキトキス

自意識の場から降りること

自意識、が強い。自意識過剰。悪いことではない。人に自意識はあって然るべきだ。

もっと自分に自信が欲しい?他人は案外わたしを見てない。

例えば誰かが髪を切ったらあなたは必ず気づくだろうか?誰かが新しい服を着てたら気づく?靴は?思考は?他人を見ること、ちゃんとやってますか?

 

もっと表面的なところから見ていくべきだ。

それは意外とやってないし、意外とできるはずだ。核心。

 

夏が来て気づかぬ間に秋が来るはず

秋が来たことに気づかず冬が来ちゃう

夏の暑さ、冬に想像する夏の情景、今そこに自分がいる、ということ

そんなことを言いたくてブログを書いてるわけではない?

 

突然ですが本質的に有益な情報を提供します。

それは床に物を置かないようにしましょう、ということ。

床に物を置かないだけで生活の質、QOLが上がった気がする。

あらゆる物を置かないことは無理だけど、服とか教科書とかプリントとか、置いておくべきでない物を置かないようにするだけで、なんか部屋が広くなった・・・ような・・・・

 

何かに依存していることをSNS・対面で人に匂わせる・直接言う人

/いつから今の自分なんだろう、今の自分のような思考形式をとるようになったのだろう

別にどうでもいいことなんですが。

 

相変わらず机の上は無秩序に積み重なって、色々な物体が置かれてむちゃくちゃで、

ここをなんとか、しないと・

 

 

周りの人がそうだからって私がそうする必要はない。

周りの人がみんなTwitterしてたからTwitter始めたの?

私は精神的に健康になりたいよ

 

/心が良いと思えることをしていくだけで、それしかできない

宇宙の中で良いことを決意するとか、それぐらいだ

自分が良いと思ったことをしていくだけじゃないのかって思う

わたしの高校生ぐらいのときの目標が「澄む」ってことだった

高校生のわたしによく言ったと思いつつ、これをまた目指すしかない

思うに、中高生って消費に対する無限の体力を持ってた気がする

異常な量のコンテンツを消費していた。大学に入ってからコンテンツ消費が疲れてできなくなってる。これわたしだけ?

 

/澄む、ということは感性を研ぎ澄ませるとか、そのへんです