文章と色々で

何を書くかはわかりません

ブログもうすぐ作り直すかも

 

人を傷つけないように生きてきたが、それはできていなかった。

結果的にかなり他人に対して有害な人となってしまった。

 

思うにやはり幼少期の経験が今の私を作り上げてしまったのだ。

幼い私は家族の中で必死に居場所を見つけようとしていたのかもしれない。

 

幼い私は姉にいじめられ、クラスでも軽いいじめ、被害妄想にとらわれ、自分のやりたいことなどわからず、日々言われたことに従事していた。

親からは、少し無視されながら育った。寂しくてよく外出して道を歩いているときに、物陰に隠れて自分がいなくなったことに気づくか試していた。

本当に迷子になったときは死ぬほどつらかったから、絶対に迷子にならないようにスーパーの棚とか、親の行動とか、色々よく見るようになったと思う。

親から怒られたときによく拗ねて別の部屋に逃げ込んだ、ら、母親が心配して様子を見に来たことがあった。そのときの優しさが嬉しかった。だから何回も別室に行った。たまに家を飛び出して玄関先に裸足で棒立ちしていた。でも、少ししたら棒立ちに飽きちゃうし、自分が悪かった気がしてくるし、お腹は減るし、親は来てくれないし、だから、リビングに戻ることにした。そしたら家族はリビングでせんべいを食べながら笑点を見ていた。家族は私抜きでも普通に成立していた。後で、母親に幼いころの私のことを聞いたら「手のかからない子だった」と言われた。つまりいい子で育ってくれたということだから、嬉しいのだけど、今思うと少し寂しかったよ。

 

母親は、家のものが壊れていたり、汚れていたりしていたとき、よく私達3姉弟を一列に並べて犯人捜しをした。誰がやったのか、名乗り出るまで夕食を作ってくれない。何より、母親が怒っている姿が怖い。それなのに誰も名乗り出ない。仕方ないから「本当は私がやりました」って嘘をつく。そうしないと私がご飯を食べられないし、怖い時間が早く終わってほしかった。嘘をついた後に「なんでそんなことしたの!」とか「こういうことしちゃいけないでしょ!」みたいに叱られたと思うのだけど、その部分の記憶はほとんどない。あとになってあれは実は姉がやったことだったということが何回かあった。

 

小さい頃、私のニンテンドーのゲーム機が壊れたことがあった。画面が割れてしまった。泣いた。自分で割ったわけじゃなく、家の中で置いておいたはずのものが、割れていたのだ。誰がやったかわからなかった。その日はものすごく泣いたし、かなりの一大事だった。数日たってから、机に手紙が置かれていた。姉から「私が割っちゃったんだ。ごめんね。」って。いや、許せないよ。でも、こんなのされたら許さなきゃいけないじゃん。もう何日か経って落ち着いてきちゃってるのだし。親には内緒にしといて欲しいって書いてあった気がする。もう何から何までずるい。

 

姉に対しては、仲良く遊ぶか、向こうの怒りをぶつけられて私が泣くか、だった気がする。喧嘩はいつも負けていた。向こうのほうが勢いがあった。

弟に対しては、仲良く遊ぶか、こちらが怒って泣かせてしまうかだった。泣かせたあとは私がいつも怒られた。小学1年生のときに授業で詩を書くことになったが、たしかそのときに書くことがどうしても思いつかなくて「弟はクソだ。いっそ死ねばいい」という内容を書いた詩を提出した記憶がある。担任はどういう思いでこれを読んだのだろう。

一番上の姉は、親にとって初めての〇〇が多く、大切に扱われていた。一番下の弟は、一番下らしく家族全員から可愛がられた。私は真ん中で育ったから、親から直接愛された記憶が少ない。束縛されてつらいみたいなのはないが、私が感じる愛はいつも自由にさせてくれる愛だった(と思う)。父親に何か不満を言うと「じゃあ後で良いことがあるよ。」と言われたが、それはその場を流すだけの言葉だった。たとえ幸運で何かを手に入れたとしても、それはほしかった愛ではなかった。

 

 

みたいなこと言ってますけど、全然愛されなかったわけじゃないですよ私。

私の中学時代は珍しく勉強できる人たちとリア充グループが適度に重なる感じがあって、その中で私は男女のグループで楽しくやっていました。部活も3年間めいっぱいできたし、恋愛だってできました。好きな人とメールでやり取りして、一緒に学級委員やろうよと言って、一緒にやったりしちゃったし。教師ともいい関係でしたし、傍から見たら恵まれてますよ私は。だから別にいいんです。こっちで良いことあったから。家族は自由にやらせてくれた、それだけでもう十分なんです。

少し、いや、半分の不思議。

殺した春は戻ってこない。散った桜は戻ってこない。

毎年同じように咲いてるけど、あれ、違うらしいよ。

冬の間、あれだけ待ち望んだ春が来てるはずなのに、なんで吐き気がするんだろう。

また殺さなきゃ。ごめんねみんな。僕は冷たい人間だ。

 

鐘が鳴る。お祝いの鐘が鳴る。永遠に生まれ変わろう。

僕は悲しいふりをしている。

頭痛薬とコーヒーと、ガムとチョコレート

ダメになってもいいんだよって自分に言ってあげてる

でもダメになった私にけりをつけるのも自分だしダメになってもしょうがない

何もない、みたいな気持ちになる。

どういうときにそうなるのかわからないけど、寂しいだけ?

意味がなくていいけど、それをどうするんだろう

 

どうやっていればいいかわからない

わからないことしかない気がするわかってることは見えなくなっている

もっと私に

 

自分の気持ちに見て見ぬふりして生きていけてしまうインターネット

インターネット・インターネット・インターネット

自我がないアカウント

未だ何も見えてこない自分

自分に囚われている、ようで何も考えていない

考えているようで、ないものはない

自分が何を考えているか恥ずかしがらずに言える?

自分が塞ぎ込んでいる気持ちを私は本当にそれをいつでも解放できるのか

 

殴るのは駄目って殴れない人が言ってる

 

全てを諦めても生きていかなきゃいけない

生きていれば美味しいものが食べれるよ

粛々と、淡々と、感情を殺す

 

殺した感情は元に戻ってこないよ

団地

何を言っても意味がない。

意味のある言葉を吐くには、意味が生成される場で言葉を使用しなければならない。

インターネットは、大抵意味が生成されない場である。

というか、インターネットは何も考えずに発言できてしまう。電源ボタンを1回押す、別のタブを押す、たった1STEPで意味を生む行為をやめて、切断できる。

現実世界なら、面と向かって話してる時であれば、表情(face to faceを崇めるの頭悪そうなんだけど)や行為が意味を生み続けるわけで、言葉に対して責任がある。

インターネットはそうじゃない。それが良いとか悪いとか、ダメとか言うんじゃなくて。

 

意味ってなんだ

 

 

 

 

箱を入れた箱

運ぶだけの箱

叩く箱

 

止まる

 

 

インターネットがキレイだったことなんて1回もない

君はいつもきれいだよ

頭に浮かぶ言葉を次々に打ち込むことだけが気持ちい、それはまるで舞台に自分だけが立って惨めにかっこ悪く四苦八苦もがいているよう。

海におぼれかけている君はきっととても美しいのだろう。世界の何より君がきれい、なんて言わないけど、きれいだよ。

 

 

美しい瞬間を切り取るな

酔うか酔わないかはっきりしろ

 

さすがに適当すぎない?ちょっと、いや、かなりイライラした。

vスキトキメキトキス

自意識の場から降りること

自意識、が強い。自意識過剰。悪いことではない。人に自意識はあって然るべきだ。

もっと自分に自信が欲しい?他人は案外わたしを見てない。

例えば誰かが髪を切ったらあなたは必ず気づくだろうか?誰かが新しい服を着てたら気づく?靴は?思考は?他人を見ること、ちゃんとやってますか?

 

もっと表面的なところから見ていくべきだ。

それは意外とやってないし、意外とできるはずだ。核心。

 

夏が来て気づかぬ間に秋が来るはず

秋が来たことに気づかず冬が来ちゃう

夏の暑さ、冬に想像する夏の情景、今そこに自分がいる、ということ

そんなことを言いたくてブログを書いてるわけではない?

 

突然ですが本質的に有益な情報を提供します。

それは床に物を置かないようにしましょう、ということ。

床に物を置かないだけで生活の質、QOLが上がった気がする。

あらゆる物を置かないことは無理だけど、服とか教科書とかプリントとか、置いておくべきでない物を置かないようにするだけで、なんか部屋が広くなった・・・ような・・・・

 

何かに依存していることをSNS・対面で人に匂わせる・直接言う人

/いつから今の自分なんだろう、今の自分のような思考形式をとるようになったのだろう

別にどうでもいいことなんですが。

 

相変わらず机の上は無秩序に積み重なって、色々な物体が置かれてむちゃくちゃで、

ここをなんとか、しないと・

 

 

周りの人がそうだからって私がそうする必要はない。

周りの人がみんなTwitterしてたからTwitter始めたの?

私は精神的に健康になりたいよ

 

/心が良いと思えることをしていくだけで、それしかできない

宇宙の中で良いことを決意するとか、それぐらいだ

自分が良いと思ったことをしていくだけじゃないのかって思う

わたしの高校生ぐらいのときの目標が「澄む」ってことだった

高校生のわたしによく言ったと思いつつ、これをまた目指すしかない

思うに、中高生って消費に対する無限の体力を持ってた気がする

異常な量のコンテンツを消費していた。大学に入ってからコンテンツ消費が疲れてできなくなってる。これわたしだけ?

 

/澄む、ということは感性を研ぎ澄ませるとか、そのへんです

夏が来た

夏の暑さに蒸発してみたい。

ひんやりとした空間が好きだけど、暑いのも悪くないと思うときがある。

でもやっぱり苦手。

太陽がじりじりと燃えて皮膚が焼かれている気持ちになるのは嫌いじゃないが、自分の身体が汗をどんどん出さなきゃなんないほど熱を持ってしまうのは嫌い。

夏が来ると冬が待ち遠しくなるし、自分がどうやって春を生きていたのか忘れてしまうし、つい数か月前に着てた上着をとても着る気になれなくなる。

色々なことを忘れて生きていくのは当たり前だけど、昨日の温度すら忘れて毎日の暑さにやられてしまう自分が少し情けない。

春と夏の境目で止まっていたかったなあ。

 

暑い詩

適合していく感じだ

社会性を失っていくことが、アウトサイダーっぽくてサブカルっぽくて格好いいとか、そういう感性を持っている自分がいるんだけど、いい加減に強引に社会と自分を適合させていこうという気持ちがある。

今日言いたいのはこの言葉だけで、あとは適当です。

 

別に適合っていっても思考停止を受け入れて洗脳されていこうとか、そういうんじゃなくて、(つまり諦めてつまらなくなろうとか、そういうんじゃなくて)適応しといた方が絶対自分にも良いし、事実私は適合出来てる人の方が好きっていう自分の中の気持ちもあるから、それにあわせて自分をそういう方向に持って行くのは別にいいでしょと思っています。

だから、社会の流れにシニカルな目線でくだらねえって思う態度を持ちながらも、それに沿って行動することも出来る、とそういう人にならないといけない。くだらないことは嫌っていい理由ではない。

 

まず午後の時間に眠って24時付近に起きてそこからずっとダラダラしている現状、を何とか変えていかないとなあ。変えられ無さそうだ。

 

家に帰るまで、とか、上着を脱ぐまで、は、凄くやる気に満ち溢れていて、(これは本当の話なんですけど)家に帰ったら夜ご飯を作って洗いものやって筋トレしたらシャワーも浴びて、終わったらストレッチやって今日はちゃんと布団敷いて寝よう、とか考えながら帰るわけですよ。本気で。

帰って上着を脱ぐと、何となく座ってパソコンつけてる自分がいるし、何となくゲームやってる自分がいるし、何となくYouTubeとかTwitter見てる自分がいるし、もう何回TweetDeckの通知タブを見たか分からない。何か誰かから急に私に何か起こらないかなって期待しちゃってる。の割にメールを読むのはしんどい。LINEも返さない。(はあ)

 

でもこういう生活を正す(って言うとちょっと良くないけど、少なくとも一般的な人レベルに持って行く(そこにまず到達させる))ためには、細かい出来ること、を1個1個ガンガン回していく必要がある。やる気を満ち溢れさせてえいやーってやるんじゃなくて、やっていっている内に勝手に自分から放出されてるみたいなやる気。身体の内にため込むんじゃなくて、適度に思考停止モードに入れていく感じだ。頑張るぞー。(頑張るぞーって言ってる時点で違う)(ボケ)

 

コーヒー飲み比べ会を今度自宅で開催するのが当面の生活の目標で、どういう感じでやろうかなとか色々考えています(さすがに4杯のコーヒーを一気に飲むと気持ち悪くなりそうだけど、どうしようとか)。