読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章と色々で

何を書くかはわかりません

そんなことはなくて、

人と対面した時に何を言えばいいのかわからなくなってしまうことがある。

言ってしまえばよくいるコミュ障にありがちな現象に思える。でも現状、そんなことはどうでもよく、僕はこの現象を解決したい。解決しなければいけないような気に囚われているから。だって人と会話出来た方が楽しい、多分。

 

会いたい人はたくさんいる、し、僕自身話せない方ではないと思っている。

適当な返しだって出来るし、相槌とかはある程度身体にしみついた、コミュニケ―ション術みたいなものも自分の中にある。

でもこういうのが自由自在に出てくるわけではない、というか、人と話す時ってそんなのあっても意味ねえよって最近思ってきている。

具体的に言うと、サシオフを想像してみる。

「あの、――さんですか?」

「あ、△△さん?」

「良かったー。そうですー。こんにちはー。」

「こんにちはー。」

この後、自が何を言えばいいかわからなくなる。え、どうしてんのみんな。

会話がいつからか窮屈になっていたかもしれない。沈黙してしまう。黙ってしまう。

まあ、いいんですけど。僕はいいけど相手がね、それで相手が居心地の悪さを感じていたら嫌じゃん。自分に時間割いてくれてんのにブルーな気持ちさすの嫌じゃん。

どうしよ、何か話さないと。何がある。えーっと、そうだな、こういう時は外見の話題を聞いてみたらいいかな。ああ、でもコンプレックス刺激したら嫌だな。上手く相手の“チャームポイント”っぽいところ探さないと。

「あ、身長高いんですね~呟きのイメージで低いかと思ってました~」

「呟きのイメージで身長わかるんですか?笑」

「あ、はは、そうですねw勝手なイメージですけどw」

―――――会話終了―――――

TAKE2

「あ、洋服の柄素敵ですね~どこで買ったんですか?」

「これ古着なんですよ~」

「あ、そうなんですねー」

――――会話終了――――― 

 

みたいな感じで喋ってしまった時、それは場を繋げるための言葉であって、本当に柄が好きとか思って言ったわけではない。柄は好きだよ。好きな柄なんだけど、“あなたが着ている服の柄が凄く好みで良いと思った”から言ったわけじゃないんだゴメン。多分あなたが他にアクセサリーでもしてたら話題にならなかった程度の良さだよ。ごめんね柄。

僕はそうして、あれ?自分で話題振っといてアレだけど、さしてその柄好きじゃなくね?って思ってしまう、というか、どこで買ったとか、いくらしたとか、こういう柄は実はどこどこのなにがしがそれあれでね、、、みたいに相手が喋り始めても、その話題には既に関心が薄れていたりもしてしまう。どこかで言ったかもしれないけど、話題を振った時点でその話題への興味が薄れているんです。これってひどいよね。キャッチボールしよーって言ってボール投げてきたくせに、投げ返そうとした瞬間相手は別の方でサッカーしてる人達の動きに夢中になっているみたいな。喩え下手だな。

でも、そういうことがあるんです。これけっこう深刻な悩みで、人と会話してても、どっか窮屈に感じてしまう。

僕は嘘を言ったわけじゃないよ。本当に良いと思ったんだけど、それってCM曲のCMに使われている部分しか知らないような歌手の良さを語られるような、自分は本当はお菓子の話をしたいのにそれを聞かせられてるような(しかも歌手の話題を振ったのは自分!!!)、そんな気分なんだよ。だから誰かに迷惑かけてるんでもないし、かと言って僕に迷惑してるかと言うと、そんなことはなくて。語ってくれるのを聞くのも好きだよ。嘘じゃない。

 

ひどいのは、ボールが見当たらないとき。

相手に何を喋ったらいいかわからなくなったとき。

高校生の頃、中学の同級生と駅前でたまたま会ったことがある。

彼女はスクールカースト上位系女子で、でもサッカー部だった僕は彼女と何度か遊んだことはあったし、そんなわだかまり的なものもなかったと思う。思いたい。いや、思いたいんだ。信じておこう。

で、すれ違うみたいにして会ったんだけど、中学卒業以来会ったことないからお互いすれ違いざまに顔を見て「あっ!」ってなったんだよね。

僕は驚いたし、会って「えー最近どう?」みたいな会話するもんだと思ったから、(驚いた8、会話する2ぐらいのスタンスです)つい立ち止まってしまったんだよね。

「おおー」みたいな。そしたらその後特に言葉が出てこなくて、そしたら向こうが「え、何か用?」「あー、いや、別に・・・」「ふーん、そ。じゃ」「うん、じゃ」ってなってまた歩き出すことに。という記憶がありまして。

そういうので、既に話題出せてないじゃん!って思ったけど、何かその経験がけっこう印象的でした、そういう話です。ちゃんちゃん。

ではなく、相手に何を話せばいいかわからなくなった時、黙ってしまう。これはどうしたらいいのだろう。わかるよ、黙っていても心地いい相手がいることくらい。別に沈黙が苦にならない関係性だってあることに。でもさ、そんなのめっちゃ少ないじゃん。大抵緊張しちゃうじゃん。相手と会話しないとって思うじゃん。その辺難しいですよね。別にそういう関係じゃないから信頼してない、とかじゃなくて、その辺は相性みたいなもんです。

話題が出なかったとき、僕はどうすればいいのか、多分もう少し考えないとわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘です。こんな考えて会話してません。